看護部紹介 福祉の心 研修制度 看護師1年生 認定看護師 Q&A 認定看護師

トップページ » 看護部紹介 » 看護師の声

看護師の声

新人ナースや経験者も含め、今年の4月から就職した看護師の感想をご紹介します。

看護師Aさん

病院の経験しかない私にとって、施設に就職することには多少の不安がありました。 しかし先輩の「わからないことはわかるまで何度でも聞いていいよ。できるまで教えるから」という言葉は、私にとって安心でき、また利用者様のことを考え、しっかりとしたケアを提供する意識が感じられ、心強いものでした。これから、利用者様のご家族からも、スタッフの一人ではなく名前で呼ばれるように、信頼される看護師として日々精進していきたいと思います。

今年に看護学校を卒業したばかりの新米看護師です。私のいる病棟は、自分で意思表示をすることができない重度の障害の方の病棟です。初めは、その想いや異変に気づくことができず、辛い思いや自分が情けないという気持ちでいっぱいでした。その後、少しずつですが、想いを感じ、気持ちを受けとめることで、利用者様も笑顔を見せて下さるようになりました。私は看護師になったら、患者様と近い距離で看護がしたいと思っていました。ここでは、近い距離で深い関わりをすることができ、喜びや、やりがいを感じています。こらからも、利用者様が安心で充実した生活を送れるよう努力していきたいと思います

看護師Bさん

看護師Cさん

私は、利用者様とゆっくりじっくり関わる看護がしたいと思い、ここに就職することを決めました。ここでは、コミュニケーションをとるのが難しい方がたくさんいます。初めは笑顔がなく、私のことを恐がる人もいました。私もそんな利用者様は避け、笑顔ではなかったと思います。そんな時、先輩看護師から「何を言われても、笑顔でぶつかっていけば大丈夫だよ。」と声を掛けてもらいました。今ではコミュニケーションも徐々にですが、とれるようになり、たくさんの利用者様の笑顔を見ることができるようになりました。今でも解らないことはありますが、たくさんの先輩職員さんと利用者様がいてくれて、私は支えられているのだと感じました。まだまだこれから成長していきたいと思いました。

このページの先頭へ


コンテンツここで終了